プログラミング検定は子どもに取らせたい資格2位

子どもプログラミング

イー・ラーニング研究所は、子どもがいる20代~50代の親219人に「2020年Withコロナ時代における子どもたちの将来に関する調査アンケート」を実施し、子どもに取らせたい資格2位にプログラミング検定が入りました。

回答者の4人中3人が「新型コロナウイルスが子どもの将来に影響があると感じている」と回答していることから、子どもに新たに資格を取らせたいと考える親が多く、将来的に必要な能力を身に付けられる資格に注目が集まっているようです。

資格取得以外で子どもの将来を見据えた取り組みとして行っているものは、「得意なことを見つけて伸ばす」が109人、次いで「思考力を鍛える」は89人でした。

また、子どもに養わせたい能力として、「コミュニケーション力」が157人、続いて「判断力」100人、3位が「表現力」85人という結果でした。

「思考力を鍛える」や「コミュニケーション力」「表現力」の向上など、まさに当教室がお子さまに身に付けてもらうために取り組んでいる内容で、プログラミング学習を通して楽しく体得してもらえるものと考えています。詳しくはこちら

そして当教室はジュニア・プログラミング検定の試験会場です。
検定は段階に合わせて4つのレベルがありますが、それぞれの試験内容はいつものレッスンをしっかり受けてもらっていれば充分カバーできます。
また、レッスン内で検定プレテスト(模擬試験)も実施します。
試験の時も、いつもの教室でいつも使っているパソコンで操作できるので、過度に緊張することなく落ち着いて受験できます。
ジュニア・プログラミング検定について詳しくは下のバナーよりご確認ください。

※上記調査結果は掲載時点での情報で、最新のものとは異なる場合がありますので予めご了承ください。

イーラーニング研究所「2020年 Withコロナ時代における子どもたちの将来に関する調査」について

タイトルとURLをコピーしました